長岡市乙吉町 T邸

古民家再生にチャレンジ!

長岡市の里山に近い乙吉町 T邸の新築工事も、無事終了し、
既存の建物を撤去する段階となりました。

この建物は大正15年に建てられ、90年近く経っている古民家です。
材料は地松が使われ、当時の大工技術を駆使していました。

今回の解体で、この古材を選別し、次の新たな建物へと活かす計画がすすんでいます。
「終わり」が「始まり」になる古民家再生をこれから手がけることとなります。

クリックすると現場を見られます
解体
古材

 

お問い合わせはこちらまで