悠久町 M邸

中越地震によって住宅をやむなく取り壊したお客さんの、
小さいながらも本格的な木組みの家作りがスタート。

深沢町の樹齢80年の杉の木を伐採し葉枯らし乾燥。
家の重要な構造材として用いています。


樹齢80年以上の杉の木を伐採


切り株の説明を受けるお客さん


山主と買主の顔合わせが実現!これぞ顔の見える家づくりの醍醐味


現在は村松のマルユー木材にて乾燥中


 

日記はこちら

 

お問い合わせはこちらまで